もふもふにゃんず

猫3匹の記録

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

特に求めてなかった猫トイレへの道  


*本日2度目の更新です


こっちのが気に入ったぉ
もふもふにゃんず

物も中身も同じなんですけど(-"-;A



すっかりトイレのことを記録するのを忘れてたのでお付き合いを。
システムトイレのままならば特にトイレは求めてなかったんですけど
砂を変えるのでおトイレも買いかえる必要が出てきたので求めるものを考えました。

* 落ち着いて用を足せる
* ある程度の広さ
* 砂が飛び散らない構造
* お手入れ、全洗いが楽

そもそもなぜシステムトイレ(ニャンとも清潔)じゃダメなのかもここで。

≪利点≫
* 小の処理が不要
* 消臭効果
* もしもの時の採尿が楽(と思ったから)
* 全洗いするときに分解しやすい

≪難点≫
* トイレとして認識されにくい (砂?それとも消臭効果高すぎ?)
* 回数、どちらがしたかわからない
* 大の場合、砂がトイレに流せないので処理が面倒 (汚物は可燃ごみで出せない)
* シートと砂、コスト面
* すのこ部分の掃除がしづらい
* 他社シートはひと回り小さいことが多く使えない(ひめが端っこにするため漏れる)
* すのこ部分のすのこがないところにひめの小がたびたび付着し臭う

うちの猫たちには純正チップは臭いがきつくて使用不可だったのでデオトイレのものを使用してました。
多頭はトイレの処理の回数も多くなるし、オスは尿路系の病気になりやすいと考えてシステムにしたのですが、
ひめのおかげでトレーを洗う頻度が高いですし何より大を流す時の手間がかかるので難点の方が目につきました。

で、固まる砂に戻すのでニャンともは使えないのでトイレ探しスタートです。
おから砂は飛び散りやすいので深いトイレ+屋根でできればニャンともくらいの大きさで探しました。
で、見つかったのが“コロル ネコトイレ F60フード付”です。




すのこが本体に付いているタイプなら飛び散りをより防止できるかな!?とも思ったんですが
お手入れや全洗いの手間、ひめは慣れるまですのこ類は避けてトイレに入るので
内臓タイプだとトイレ自体に入らない可能性もあるので避けて入れるようにとすのこは別で買うことにしました。




このおトイレほんとに大きいんですけど、琥珀は真ん中にするので横向いたらちょうどいい感じみたいです(笑)
なんせニャンともの時は頭だけ出して用を足してましたから・・・。
あと、ひめは大の時すごい勢いで砂をかくので、横長だと横を向いてしかできないので
砂をどれだけかいてもフードにあたって飛び散らないのでとっても助かってます!
マットも初めはやっぱり避けてトイレに入ってましたが、今は大丈夫になりました。
どうしても砂の飛び散りはありますけど、マットのおかげでだいぶ減っててると思います。
このマットにした理由はプラは丸洗いが簡単にできるし、同じメーカーだしいいか、くらいです(苦笑)

紆余曲折あり、やっと猫も飼い主も納得できるトイレと砂に出会えました。
とりあえず何事もなければこのままで行こうと思います!



。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o 。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o


長々と私のトイレネタにお付き合いいただきありがとうございます。
何も問題なければシステムトイレはいいと思います。
個人的にはニャンともの見た目はすごい好きなのでそのまま使いたかったです。
ただ、我が家の猫には合わなかったし、飼い主たちも求めていたものと違ったのだと思います。
猫さんによって合うトイレと砂は違うのできっと皆さん試行錯誤されているんだろうな・・・と。

この記事が今トイレ探しをされている方やこれからする方のお役に少しでも立てばいいな、と思ってます。




↓↓ ポチ、ポチっとしていただけると励みになります♪ ↓↓

にほんブログ村 猫ブログへ

もふもふにゃんず












category: トイレ用品

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://himekohaku.blog.fc2.com/tb.php/200-9d7537fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。